原発依存度に関するパブリック・コメントの募集|トーチカ通信|桃李舎一級建築事務所

トーチカ通信

[ 2012.08.01 ]原発・福島・東北

原発依存度に関するパブリック・コメントの募集

6月29日に、政府の「エネルギー・環境会議」(議長:古川国家戦略担当大臣)は、2030年のエネルギー・環境に関する3つの選択肢をとりまとめた。

選択肢とは、原発依存度に関する次の3つのシナリオである。
①ゼロシナリオ、②15%シナリオ、③20~25%シナリオ

この選択肢に関して、国民の意見(パブリック・コメント)を募集している。あまりにもひっそりと始まっていたので、気づくのが遅れた。黙っていれば、政府は8月末には、「エネルギー基本政策」の決定に進んでしまう。みなさん、書いてください!パブリック・コメントは、年齢制限がないので、子供たちが夏休みに書くのもいいと思う。

(1)HP入力 (2) FAX (3)郵送 のいずれかの方法により 、平成 24 年8月12日(日)18 :00 までに提出のこと。

パブリック・コメントを書くときは、①ゼロシナリオを選択しても、2030年までは原発の稼動を認めることになる。しかし、選択しなければ、「その他」扱いになって無視されるかもしれない。それなら、①を選択した上で、意見の欄に「2030年に原発0%」ではなく、「即刻、原発0%」をと主張するのがいいと思う。間違っていたら、どなたか教えてください。

このHPの右下の「パブリック・コメント」をクリックしてください。
http://www.npu.go.jp/policy/policy09/archive01.html