福島レポート2012年夏 (その6)|トーチカ通信|桃李舎一級建築事務所

トーチカ通信

[ 2012.10.15 ]原発・福島・東北

福島レポート2012年夏 (その6)

続いて南相馬市に戻り、道の駅の中にある「南相馬市ふるさと回帰センター」を訪れる。http://www.msouma-furusato.jp/ ロビーで対応して下さった職員の鈴木里加子さんは、伊藤立平さんが「まち家具」のパンフを広げるやいなや「これと全く同じことを私たちも考えてたんです!」とおっしゃった。

これまでのヒアリングで何度も聞いてきたように、福島の子どもたちは、外で遊ばせてもらえないという話をされた。公園は除染されて線量は下がっているのに、親はどの位下がっているのかわからないから不安。また、実際に低くくても、自分の子供たちだけを遊ばせると白い眼で見られてしまう「他人の目」があり、ままならないのだという。

この現状を何とかしたいとがんばっている「みんな共和国」というグループがあって、「みんなみらいセンター(通称「みみセン」)」を拠点に活動しているので紹介しますとおっしゃった。そのとき、偶然、「みんな共和国」のリーダーの戸田さん(呼び名は「軍曹」)が通りかかられ、鈴木さんが、あわてて引きとめ紹介してくださった。

鈴木さんは早口で、私たちを引き合わせ、この秋にすぐ横の「高見公園」に、ネスカフェのネスレの支援で遊具を作るという話や、その企画に「まち家具」も乗らせてもらいなさい、ああそうそう、今夜ちょうど「みみセン」で集会があるから出るといいわと、てきぱきと場を仕切りながら人を繋いでいく。話が早くてついていけず、その善意と熱意に圧倒されるばかりだ。この人はタダモノではない、市の職員ではないな・・と思いながら聞いていた。

結局、その出会いが縁となり、3人はそのまま「みみセン」の集会に参加した。大阪に戻ってからも南相馬に通い、伊藤・萩森・岡田チームは高見公園の「手のひらを太陽に作戦」に参加。子供たちといっしょに、軽やかなタープと、かつてそこにあったという電波塔と同じプロポーションの塔をペットボトルで作った。この写真は伊藤さんと岡田さんのフェイスブックから拝借した。

http://minnakyowakoku.jimdo.com/みんな共和国-夏休み/

そしてとうとう「まち家具」にネスレの補助金100万円がついたのである。急展開である。この資金で、高見公園に「まち家具」を作り、11月の末に引き渡すことになっている。

現在に戻って、「まち家具」の進捗を書きたいが、もう少し、夏のレポートを続ける。