あけましておめでとうございます|トーチカ通信|桃李舎一級建築事務所

トーチカ通信

[ 2014.01.03 ]未分類

あけましておめでとうございます

昨年は桃李舎25周年を迎え、節目の年となりました。25周年のパーティで着ていた服でご挨拶いたします。

25年の間には大きな震災が2度ありました。
2度目の震災では原発事故が発生しました。あのとき、私たちは、節電をしながら、これまで目を閉ざしてきたものに向き合い、これまでと同じ生き方はできないと考えたはずです。皆さん、あのとき思い描いた3年後の社会がこんな風になっていると予想されていました?

省エネの暮らしを心がけて原発のない社会を目指し、成長や競争より、身の丈にあった暮らしの中に幸福を見出し、自分のことはさておき、他者に対する想像力を働かせる、そういう方向に社会が転換していくと思っていました。ところが現在の政府は、全く逆のビジョンを打ち出し、着々と実現に向かっています。そうさせてはなりません。

桃李舎の新たなスタートは、2011年の春の、あの喪失感と後悔、自然に対する謙虚な思いが原点です。この地上の命あるものの苦痛や悲しみを、少しでも和らげることができるように、祈りつつ、建築の知恵と技術を役立てたいと思います。いい建築を作る努力をしながら、トーチカの活動を展開し、理想の社会を目指して力を尽くします。今年もどうぞよろしくお願いします。

次回は、年賀状で歌った、「桃李舎のうた」のことを書きます。読んでください。