ジャカルタからの便り|トーチカ通信|桃李舎一級建築事務所

トーチカ通信

[ 2014.06.17 ]未分類

ジャカルタからの便り

ジャカルタ在住のSさんからの手紙

おはようございます。
最近朝型の生活とのことで、翌朝読まれていたら良いなと思いながらメールしています。
ブログもようやく再始動したようで、嬉しく思います。とは言いながら、ここに至るまでは長い時間がかかったのではと推察します。

インドネシアの話題だったので、何か声をおかけしたくなりました。インドネシア人看護師や介護士の話、こちらでも話題になっていて、せっかく日本語を勉強したのにもうちょっとのところで不合格となり、結局涙を飲んで帰らざるを得ない人も結構いるようです。

ジャカルタでは、そういう人たちの就職の受け皿として、日本人専門の病院でスタッフとして採用することが多いとのこと。ただでさえ難しい日本語を学び、医療専門用語を覚える、という高いハードルを短期間で乗り越えようと頑張っている人がいるんだと、こっちの病院に行くと自分を奮い立たせている次第です。

まだ少し先の話ですが、帰国した時はお邪魔しようと思っています。サイダーをゲットしたい、ということもあり…(笑)それでは、また!

Sさんへ

おはようございます。窓をあけて鳥の声を聴きながら、お返事を書いています。メール、ありがとうございます。今朝は5時に事務所に来ました。朝型が定着しています。ホントに、信じられないくらい健康的な生活になりました。

昨年、ジャカルタでご馳走になったインドネシア料理はどれもおいしかったので、彼らに漢字を教えるかわりに、私は料理を教えてもらおうと思っています。

桃とすもものサイダー、Sさんの分は残してあります。ぜひ、インドネシアから「サイダーのあるシーン」の写真を撮って送ってください!お元気で。

爽やかな朝。今日はいい一日になりそうです。