トーチカができるまでのこと (その22)|トーチカ通信|桃李舎一級建築事務所

トーチカ通信

[ 2012.04.27 ]トーチカができるまでのこと

トーチカができるまでのこと (その22)

2011年7月13日 モータープールの工事が完成した。

こざっぱりとした小さなオフィスができた。木の感触を楽しみながら快適に使ってもらっている。奥の窓と玄関の扉を開けて網戸にすると、路地から道路へ風が抜ける。

入居者の山形さんは、扇風機一つあれば大丈夫ですとおっしゃった。一夏をクーラー無しで過ごしてもらったが、8月の暑さのピークのときは、Podの外に、汗に濡れたTシャツがたなびいていた。様子を見に下に下りると、上半身裸で物書きをする姿が見えた。しばらくして窓から覗いた貴田が「山形さん、寝てます」という。伸びた素足が見えた。ここはドヤ街か?という風景だったが、それも10日間ぐらいのこと。冬も足元の小さなヒータ一つでしのぎ、部屋を見学者に公開して、コンパクトオフィスの普及に協力してくださっているのはとてもありがたい。

もう一つのj.Podは見本として展示しながらイベントに使っている。そろそろ入居者を募りたい。どなたか、こんな使い方をしたいという人がおられましたら、ぜひご一報ください。