公開シンポジウムのお知らせ|トーチカ通信|桃李舎一級建築事務所

トーチカ通信

[ 2013.07.10 ]原発・福島・東北

公開シンポジウムのお知らせ

参議院選挙の前日に、東北の現状を一緒に考えませんか?それが貴重な1票につながると思って、お知らせします。私は申し込みました。
http://cscenter.co.jp/event/?p=572

今年の初めにこのブログでご紹介した元京都大学フィールド科学教育研究センター長の田中克先生が、「森里海連環から東日本大震災復興の今を見る」というテーマで基調講演をされます。http://tochikaima.exblog.jp/17233553/

その後のパネル討論の話題提供は以下のとおりです。
「東電福島原発事故後に現れた生と死の交叉点で」黒坂三和子
「測定を通して知る放射能汚染の実態」河野益近
「南相馬から日本の近未来をみる‐低線量被ばく、急速進行性の高齢化社会の先にあるもの-」原澤慶太郎
「福島から京都に避難して-広域避難者の現状とこれから-」西山祐子
「震災後の自然環境を活かした復興について」 畠山信
「行政が進める復興事業と住民が思い描く復興の街」長峯純一

問い合わせ先(申し込み先)
社団法人 全国日本学士会事務局
Te:l 075(724)6500
Fax:075(722)3002
e-mai:l gakusi@poppy.ocn.ne.jp